loader image

プログラミング教室の経営参加者募集!

プログラミング教室の経営参加者募集!

プログラミング教室の経営参加者募集! 1200 630 マゼルプロジェクト

マゼルプロジェクトがロジカアカデミー様からの協力により企画する『小学生向けプログラミング教室 ロジカ式』は、中高生が経営・運営しています。
現在このプロジェクトに参加してくれる仲間を募集中!

プログラミングの知識は必要ありません。

経営・運営は、小学生にプログラミングを教える“講師”以外にも、“マーケティング”、“営業”、“広報活動”、“経理”、“人事”など、他にも自分の得意なことや興味のあることを活かして活動することが可能です。

講師向けの研修もあるので、経営に参加しながら自分もプログラミングを学んで一石二鳥を目指してください!

小学生向けプログラミング教室では、こんなことをします!

・週に1度、教室を開講して小学生にプログラミングを教えます。(※専門知識不要!)
ロジカ式のカリキュラムってどんな指導?

・オンライン会議ツールで運営会議をしたり、マーケティングなどの専門家にアドバイスをもらったり。

プログラミング教室の所在地

『ロジカ式京都四条校』中京区室町通六角下ル「こいやまCafe」※関西圏であれば新規に教室を立ち上げることも可能です

●参加条件

・13歳以上の中高生
※不登校や学校に所属していない方も大歓迎
・京都四条校の見学に来られる方
・保護者の方の了承を得られる方
・関西圏で教室運営に関わることが出来る方

●参加選考例

まずはお気軽にお問い合わせ!

ポルナレフとの面談(オンラインも可能です。)

”京都四条校”見学

参加意思の確認・参加決定

●よくある質問

Q:「経営」はどこまでやるものですか?

A:参加者に合わせて参画する範囲はお任せしています。個人事業主・社長として全ての業務がやりたい方には、経営を全面的にお任せします。その場合マゼルプロジェクトからは”サポート”はいたします。広報、事務、講師、など部門を限っての参加も可能です。

Q:「経営」の知識もないのにできるものですか?

A:自ら「経営」を探りながら取り組んでもらうことが目的になります。ただ参加することで、経営の知識などをマゼルプロジェクト側から自動的に提供されることはありませんが、自ら聞く姿勢を持っていただければ、マーケティング、会計、事業開発、チームビルディングなど経営に必要な様々な事柄を専門家に相談できる機会は提供いたします。

Q:失敗したらどうなるんですか?

A:赤字、運営上でのミスなど、経験し学びがあれば失敗ではないと考えます。また、”取り返しのつかない失敗”などはマゼルプロジェクトの責任で事前に防ぎます。

Q:講師をやりたいけれどプログラミングの知識がまったくありません

A:講師にプログラミングの知識は基本的に不要です。”自主学習型”のロジカ式カリキュラムを採用しています。教材の答案や先生用の資料が用意されているので、特別なプログラミングの知識は必要ありません。

Q:学校の勉強や部活で、時間をあまりさけません

A:取り組む分だけ経験値になることは間違いありませんが、基本的には経営参加に対する時間の配分は個人の裁量にお任せしています。

Q:お金が必要ですか?

A:運営に関して個人でお金を出していただく必要はありません。必要経費は全て教室運営による利益か、足りない場合にはマゼルプロジェクトより捻出します。教室への交通費や食費など以外に経営参加者がお金を用意する必要はありません。

Q:学校がアルバイト禁止、家庭の方針などでお金をもらうことができません

A:シミュレーションでの経営ではなく、教室が運営され生徒さんからも受講費をいただいています。関わった参加者が労働による対価を得ることは必須ですが、現金を持つことを不安視されるご家庭向けにポイント制なども検討致します。その場合そのポイントは保護者の方と相談の上図書券や文房具などへの交換を想定しています。

 

応募は下記のボタンをクリック!

ABOUT US

■団体名
マゼルプロジェクト(任意団体)

■代表者
隼人ポルナレフ(中川隼人)

■住所
本部:京都市北区大宮東脇台10

■電話番号
090-75554-8081(担当者直通)